“いで”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イデ
語句割合
80.0%
8.7%
入来2.9%
在宅1.7%
0.6%
井手0.6%
伊手0.6%
0.6%
0.3%
井出0.3%
0.3%
出張0.3%
出遊0.3%
在室0.3%
在宿0.3%
在留0.3%
射手0.3%
0.3%
来臨0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
遊行0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明月記は千の書なれば七は六のとしても氷室をし六月の氷べからず。貢献の後氷室守が私にすもしるべからず。
「お互いに是は思い掛けない、縁と云うものは妙だ、国を出たのは昨年の秋で、貴方も国におのないという事は人の噂で聞きました」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「ようこそ、御入来下さいました。何はなくとも雪中の粗茶一服。さあ、どうぞ、これからおいでなされませ」
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
奥「さアお上り、丁度殿様もお在宅で、今御酒をあがってる、さア通りな、燈光を出しても無駄だから手を取ろう、さア」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
彼方から、誰方かおなさりゃしませんか。貴女がお帰りだ、と知れましたら。」
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
陸中江刺伊手村字阿原山
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
「幾価だか。可い加減で可いでしょう。それから母上さんにもおなさいって」
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
聴水忽ちを細くし、「さてもくさや、うまや。何処の誰がわがために、かかる馳走へたる。きて管待うけん」ト、なきを踏み分けつつ、香を知辺辿り往くに
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
這奴いまだ黄金丸が牙にかからず、なほこの辺を徘徊して、かかる悪事を働けるや。一突きに突止めんと、気はあせれども怎麼にせん、われは車にけられたれば、心のままに働けず。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
本町大塚さん、鴇窪井出さん、その他の娘たちとともに、荒町からかよっていたのが小山喜代野さんでした。
力餅 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
爲ぞやとせも敢ず宅兵衞はれる聲を張上て汝等が此程の致し方如何にも心根殘念なる故訴へ出たる所大岡樣の御仁心にて汝等が命がなきことを得たれば我が恨みは晴難我が
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「白山町の方面に十人ほど患者がございまして、先生のお出張を待ちおる次第。もはや患者と申しましてはその十人だけでございます」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
はさるべきお約束とや、までのお留守居父樣ふしのお出遊に、人任かせらずは御不自由なかるべく、何卒其處まはせて、白波浦風おもしろく
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「兄者、お在室かな。」
元禄十三年 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「おッ! まっ暗じゃアねえか。長庵さん、お在宿かえ」
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
濱島君、して、其後も、夫人も、引續いてネープルスにのみお在留でしたか。また軍艦便乘して日本へお歸國になるのは如何いう次第です。』といて
木曽の須原には、射手の弥陀堂というのがありました。
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
ふと皆鶴姫にたちました乙女の姿をながめたとき、私の心はまるで夢現になってったのでございます。
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
温習かけた奥の小座敷へ俊雄を引き入れまだ笑ったばかりの耳元へ旦那のお来臨と二十銭銀貨に忠義を
かくれんぼ (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
の慈愛館へれておになりましたがネ、——貴嬢、私のが生きてると丁度篠田と同年のですよ、私、の方を見ると何時でも涙が出ましてネ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
はいって見ると、赤井は裸の体にボール紙の鎧をつけ、兜を被って、如何にも虎退治らしい立だった。竹藪が装置してあった。
青春の逆説 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
真の極楽はそんなものでない事を暗にいったものです。親鸞上人は「煩悩の林にて神通を現ずる」(遊煩悩林現神通
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
十二月庚午、皇太子片岡に遊行ます。時に飢ゑたる道のせり。りて姓名を問ひたまふ。而してさず。皇太子飲食を与へたまふ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)