青春の逆説せいしゅんのぎゃくせつ
お君は子供のときから何かといえば跣足になりたがった。冬でも足袋をはかず、夏はむろん、洗濯などするときは決っていそいそと下駄をぬいだ。共同水道場の漆喰の上を跣足のままペタペタと踏んで、 「ああ、良え気持やわ」 それが年頃になっても止まぬので、 …
作品に特徴的な語句
失敗へま 化粧やつ いで あて ぶん 給仕こども ぴん うち 如何どない いり ゲル 恋人スーチャン ねろ ぼん テン たこ かた かめ 裁縫おはり 和尚おっ 正月はる いびつ 疥癬ひぜん めん でん 先達せんだって 公然おおぴら 良家ええし 難波なんば さん 閉店カンバン 豹一こども 記憶おぼ 小橋おばせ 子供がき 昼飯ひる 何時なんどき 吩咐いいつけ 吝嗇けち かぎ 女子おなご 周章あわ 豹一あいつ 軽部かるべ なかば 不様ぶざま 入質いれ 仮面めん 他所よそ ふた 飯事ままごと 驥尾きび えのき 正午ひる いま 最中もなか 漆喰しっくい 生玉いくたま 昨夜ゆうべ 拾いバタ みつ まつ うち あて 節約しまつ 平屋ひらや 嵐踊ストーム なか 自校うち 尾行つけ しま