“子供”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こども96.6%
がき1.0%
かれ0.2%
こぞう0.2%
レビャータ0.2%
あかんぼう0.2%
たま0.2%
ばう0.2%
もの0.2%
わらし0.2%
キンダア0.2%
ボーイ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
むかし、金太郎という子供がありました。相模国足柄山山奥まれて、おかあさんの山うばといっしょにくらしていました。
金太郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
「ほんま言うたら、六十円でもやって行かれしまへんネん。子供が二人も居よりまんネん。きょう物がおまっさかいな」
青春の逆説 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
さて子供は聴く気づかはしげな薔薇色のしめやかな蜜の匂ひの
いてましたる子供が、五歳六歳位色白の、二重瞼可愛らしい子でございまするが、生来からの乞食でもありますまいが、世の中の開明れて、
子供たち! わかるだろ。機械は新しい生産の武器だ。われわれプロレタリアートの階級の武器だ! 武器をお前ら敵にわたすか? 渡さねえ。同じことだ。
ピムキン、でかした! (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
勘「独身で煙草をんで居るも、骨が折れてもう出来ねえ、アヽ、お嫁に子供が出来たてえが、男か女か」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
そしてそれまでは、大事なだから、先方もチャアリイに害を加えるようなことはあるまい。せっかくの子供を殺してしまったりしては、もとも子もないからである。
チャアリイは何処にいる (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
六歳か……吾家子供は、袴着祝日今日賓客んで、八百膳料理御馳走したが、ヤアれが忌嫌だの忌嫌だのと、我意ばかりふのに、六歳でありながら親孝行
笹村は手紙をそこへり出して、淋しく笑った。そして「もう自分の子供じゃない。」とそう思っている母親をれまずにはいられなかった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「苦労かける子供だなあ。なして、また生まれてきたやら」
凍雲 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
女のひとは、三つのK(子供台所教会)だし……。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
数度話したことがあるが、ペンシルヴェニヤの田舎のハイスクールを出たばかりの、酒も煙草ものまず、太ったお母さんの写真を持っている素直で可愛らしい子供だった。