チャアリイは何処にいるチャーリーはどこにいる
七月一日だった。 夏の早いアメリカの東部である。四日の独立祭を目のまえに控えて、フィラデルフィアの町は、もう襲いかけた炎熱の下に喘いでいた。 人事的には、この独立祭からアメリカじゅう一せいに夏になるのだ。男は、言いあわしたように麦藁帽をかぶ …
作品に特徴的な語句
スタフ 子供たま 一日ついたち あず かたわ ぎょ あせ 身長みたけ 夕靄ゆうも 拾得しゅうとく あが 洋銀ニッケル もぐ 狼狽あわ もく おび 身代みのしろ 闇黒くらやみ あお かたわら かくま 執事バトラア しら 媒介ばいかい 小刀ナイフ うけたまわ つか ひそ 眼覚めざま いとぐち 肉片にくきれ 誘拐ゆうかい 路傍ろぼう 開きギャップ 一躍いちやく 些少さしょう たお 仕業しわざ 仰天ぎょうてん 兄哥あにい 兇漢きょうかん くぼ 分別ふんべつ 分岐ぶんき けず かく 吉報きっぽう うめ あえ わら おとり 堰返せきがえ むく 奨励しょうれい 好奇ものずき 威信いしん 安否あんぴ 安堵あんど 尋常じんじょう 居所いどころ ちまた 心胆しんたん うら もと おどろ 愚弄ぐろう 懺悔ざんげ 所轄しょかつ 手蹟しゅせき 拍子ひょうし こば 拳銃ピストル こしら はさ 捕縛ほばく さが 措置そち つか 敦圉いきま 日向ひなた 暢気のんき