“拒”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こば82.0%
ふせ7.8%
しりぞ2.9%
1.9%
はば1.0%
いな0.5%
0.5%
こと0.5%
ことわ0.5%
0.5%
(他:4)1.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“拒”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > 小説 物語6.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語4.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
瀬田の様子をぢつと見てゐたが、おもひほかこばまうともせずに、囲炉裏ゐろりそばに寄つて休めと云つた。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
が、こばむ筋合ではなく、第一その口実も無かったので、藤波金三郎はこの美少女お染と不思議な旅に上ることになったのです。
家屋の目的は雨露うろしのぐので、人をふせぐのでないと云ふのが先生の哲学だ、戸締なき家と云ふことが
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
その猴取って置きの智慧をふるい、戸を開いてその上端に厚き毛氈を打ち掛け、戸の返り閉づるをふせぎ、やすやすと目的を遂げたそうだ。
我見に違うものはすべてしりぞけ、ただ我見に合うもののみを取ったが、結局仏の真理を理解することはできなかった。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
私の家が派手になったのは太物商のためと、女の姉妹が多く父は至って子煩悩なので、子供の願いをしりぞけることが出来ないためだった。
光り合ういのち (新字新仮名) / 倉田百三(著)
この人は京極安知よりも、人間が少し賢く生れてゐましたから、頭からねつけないで、金二駄ならば相談に乗つてもいいと答へたのです。
利休と遠州 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
吉良は、何気なくよそおっていた。が、老人としよりらしくもなく、手出ししてねられたという照れ臭さが、寝巻きの肩のあたりに見られた。
元禄十三年 (新字新仮名) / 林不忘(著)
十一時頃にはもう、すっかり調子づいて、ワッワッという騒ぎ——、んな大事件が起っても、この恐ろしい歓喜をはばめそうもありません。
悪魔の顔 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
「おばさま。これ、この通り、夫にうまく行き逢いましたのよ。警官に行手ゆくてはばまれた時は、どうなるかと思いました。幸いにその途中で夫に逢えたもんですから、こんな幸運て、ちょっとありませんわ」
英本土上陸戦の前夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
劉備は強いていなまなかった。そこで三名は、鼎座ていざして、将来の理想をのべ、刎頸ふんけいちかいいをかため、やがて壇をさがって桃下の卓を囲んだ。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それをばまない気持というのは現代の半分自覚して半分自覚せず
女性の生活態度 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
右門殿、卑怯ではござらぬか。また無礼ではござらぬか。かくまで我らが礼を尽くし、お請待しょうたい申すを無下むげことわり、我らに背後うしろを見せるとは! 我らは決して貴殿に対し危害を加えは致さぬつもり。決して刀は抜かぬつもり。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「解らん奴に何だつて見せる必要がある。きつぱりことわつちまへ、見る人が無かつたら、一人で舞ふまでさ。」
逃げかくれる気持も分るが、それをいま一度うようになるのもけられぬ女の心だった。
荻吹く歌 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
何か斯う、独占出来得べきものを、人にさえぎられて居ると云ったような心持がはっきり感じられた。
——この娘が、今後、どこまでも、公方を嫌い通し、大奥づとめをしりぞけて、二度と城内にはいろうとしなかったら、三斎父子の驚きと狼狽とは、どのようなものであろう——それこそどうしても、一度は見てやらねばならぬものだ。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
平次とガラツ八は、直ぐ本郷一丁目へ飛びました。玉屋金兵衞の大名屋敷ほどの家と、古道具屋與次郎の小さい汚い店は半丁とも離れて居りませんが、成程提灯と釣鐘以上のへだたりです。
「北ハ曹操ヲフセギ、東ハ孫権ト和ス。お忘れあるな」
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)