“冤謫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゑんてき50.0%
むしつのながされ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかれどもく、賢者旧悪をおもはずといふも事にこそよれ、冤謫懆愁のあまり讒言首唱たる時平大臣肚中に深く恨み玉ひしもしるべからず。
しかれどもく、賢者旧悪をおもはずといふも事にこそよれ、冤謫懆愁のあまり讒言首唱たる時平大臣肚中に深く恨み玉ひしもしるべからず。
○法性坊尊意叡山に在し時 菅神の幽灵来り我冤謫夙懟とす、願くは師の道力をもつてことなかれ。尊意曰、卒土は皆王民なり、我もし をうけ玉はらばるに所なし。
○法性坊尊意叡山に在し時 菅神の幽灵来り我冤謫夙懟とす、願くは師の道力をもつてことなかれ。尊意曰、卒土は皆王民なり、我もし をうけ玉はらばるに所なし。