“尊意”の読み方と例文
読み方割合
そんい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
薨去の年の夏、或る月の明かな夜、五更が過ぎて天がまだ全く明けきらない頃、延暦寺第十三世の座主法性房尊意が四明が嶽の頂に於いて三密の観想をらしている時であった。
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
○法性坊尊意叡山に在し時 菅神の幽灵来り我冤謫夙懟とす、願くは師の道力をもつてことなかれ。尊意曰、卒土は皆王民なり、我もし をうけ玉はらばるに所なし。
○法性坊尊意叡山に在し時 菅神の幽灵来り我冤謫夙懟とす、願くは師の道力をもつてことなかれ。尊意曰、卒土は皆王民なり、我もし をうけ玉はらばるに所なし。