“尊崇”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そんすう75.0%
そんそう25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
正成にも朝家にたいする尊崇はあるが、彼らに見られる熱病のような尊王とは全くちがう思いがする。しかし今はそれを問わなかった。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それかあらぬか、同地神明社内には小桜神社通称若宮様)という小社ってり、今尚里人尊崇標的になってります。
檢校になると、世の尊崇を集めるばかりでなく、官物官金の配當、名目金貨付の收益など、しい役得が附隨したのでした。
解っても解らいでも仏に対してはただこれを尊崇するというのがこの辺の人の習慣であります。その仏堂に私は住み込むことになりました。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)