“閼伽”の読み方と例文
読み方割合
あか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
閼伽の具はことに小さく作られてあって、白玉青玉で蓮の花の形にした幾つかの小香炉には蜂蜜の甘い香を退けた荷葉香べられてある。
源氏物語:38 鈴虫 (新字新仮名) / 紫式部(著)
金魚鉢の閼伽をかえること、盆栽の棚を洗うこと、蜘蛛の巣を払うこと、ようとさえ思えばることは何程でも出て来た。
桜の実の熟する時 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
薪とる里人の話によれば、庵の中には玉をばす如きしき聲して、讀經響絶ゆる時なく、折々閼伽水汲みに、谷川に下りし姿見たる人は
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)