“閼伽”の読み方と例文
読み方割合
あか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
閼伽の具はことに小さく作られてあって、白玉青玉で蓮の花の形にした幾つかの小香炉には蜂蜜の甘い香を退けた荷葉香べられてある。
源氏物語:38 鈴虫 (新字新仮名) / 紫式部(著)
薪とる里人の話によれば、庵の中には玉をばす如きしき聲して、讀經響絶ゆる時なく、折々閼伽水汲みに、谷川に下りし姿見たる人は
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
閼伽香華の供養をば、その妻女一人にらしめつゝ、ひたすらに現世の安穏、後生の善所を祈願し侍り。されども狂人の血をけ侍りし故にかありけむ。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)