“あか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アカ
語句割合
19.9%
16.9%
14.5%
13.8%
11.5%
8.5%
2.9%
2.1%
1.4%
1.4%
1.2%
0.6%
閼伽0.6%
0.5%
0.5%
0.3%
嬰児0.2%
0.2%
赤馬0.2%
0.2%
赤子0.1%
0.1%
0.1%
水垢0.1%
0.1%
淦水0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
阿伽0.1%
浸水0.0%
0.0%
赤犬0.0%
清明0.0%
0.0%
赤児0.0%
〽紅0.0%
0.0%
0.0%
充血0.0%
垢水0.0%
塵埃0.0%
小児0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
灯明0.0%
燈火0.0%
0.0%
0.0%
真紅0.0%
紅羅0.0%
色紅0.0%
赤杉0.0%
赤紅0.0%
赤銅0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
銅版0.0%
0.0%
閼迦0.0%
阿加0.0%
阿霞0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、で、色白な娘が運んだ、煎茶煙草盆を袖に控えて、さまでむともない、その、伊達に持った煙草入を手にした時、——
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
もういっぽうは、男の子がひろって、いまにでも生れたら、ゆりかごに使うんだ、と言いながら、持っていってしまいました。
もし、二つなり、三つなりが、いっしょにるい世界ることがあったら、たがいにってとなってらしそうじゃないか。
明るき世界へ (新字新仮名) / 小川未明(著)
まことにつまらない思いで、湯槽からい上って、足の裏のなど、落して銭湯の他の客たちの配給の話などに耳を傾けていました。
トカトントン (新字新仮名) / 太宰治(著)
秀夫はその柳の枝をちらと見た後でまた眼を牡蠣船のほうへやった。壮い姝な婢が心もちらんだ顔をこっちに向けてにっと笑った。
牡蠣船 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
生絹の顔はあおざめ、心は沈み、「をかしき物ならべ商ひせる」ことを思いでて、ひとりでにあおい顔をそめてらむほどであった。
荻吹く歌 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
喬生は、その座下に拝して、かの牡丹燈の一条を訴えると、法師は二枚のをくれて、その一枚はに貼れ、他の一枚は寝台に貼れ。
世界怪談名作集:18 牡丹灯記 (新字新仮名) / 瞿佑(著)
もっとりをこっちへ貸しなよ。——畜生ッ。なるほどいい女だね。くやしい位だね。死にたくなった! おらも心中がして見てえな。
「ひょっとしてそれがむす子の情事に関する隠語ではあるまいか」こういう考えがちらりと頭にくと、かの女は少しくなった。
母子叙情 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「後醍醐のきみの御脱出が、虚伝でないことをしている。——また、その御脱島は、首尾よく運ばれたものと観ていいだろう」
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
というように、緋錦紗の厚い座ぶとんへ右門をすわらせると、女は銅壺のふたをとってみて、ちょっと中をのぞきました。
さし上げている白いに、りの影と黒髪がさやさやとうごいて、二月の晩のゆるい風には、どこか梅のりがしていた。
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
薪とる里人の話によれば、庵の中には玉をばす如きしき聲して、讀經響絶ゆる時なく、折々閼伽水汲みに、谷川に下りし姿見たる人は
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
いうや否、今までここの内儀とン坊の添寝していた夜具の中へもぐりこんだ。夜具の中には、母子みがまだあった。武蔵の体はしかしそれよりも熱かった。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのうの空のぬれた黝朱の乱雲、それがやがてはとなり、黄となり、朱にに染まるであろう。日本ラインの夕焼けにだ。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
此價値をしするは、未來を洞察する豫感の力である。實現の要求を煽る現在の心熱である。刹那刹那に新生面を開展し行く現實の進歩である。
三太郎の日記 第二 (旧字旧仮名) / 阿部次郎(著)
「御戦死なすった与倉中佐の奥さままで、まだ五十日にたない嬰児さんを背に負って、弾の来るなかを、芹を摘み、菜を摘んで、あなた方にあげたいと」
日本名婦伝:谷干城夫人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
に落ちたい木の葉も動かない、月は皎々昭々として、磯際の巌も一つ一つ紫水晶のように見えて山際の雑樹が青い、穿いた下駄の古鼻緒も霜を置くかと白く冴えた。
遺稿:02 遺稿 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
空ぐるま軋るを見れば、上岨を尻毛振る赤馬、ひようひようと吹かれゆく馬子、みな寒き冬のものなり。渓のの小茶屋の椅子も紅葉積み、その渓かけて、はらはらと落葉ちりゆく。
観相の秋 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
たゞいつまでもざる物は孝心なる我子のと、蔵置黄金なるべし。
赤子のお襁褓にしようかと思うて。」と答えた。
御身 (新字新仮名) / 横光利一(著)
すると皆が馳け付けたが、奥さんが錠を下しっぱなしにして買物に行ってしまったから、る訳がない。乃公は尚お大きな声を出して、「火事だ火事だあ、助けてくれい」と呶鳴った。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
煤ぼけた神棚におりがあがつてゐるのも妙だと思つたけれども、まさか鶴石が死んだ為とは思はなかつた。
下町 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
水棹を取り上げて、ガバと打ってかかるのを、身を開いて、ツ、ツ、ツ、懐へ入ると見るや当身一本、船頭は苦もなく水垢の中にります。
晃々と、りと家臣をそこに集めて、すぐ翌日の手筈や協議であった。家臣たちの顔もみな硬ばっている。誰も、深夜の内匠頭の青白い顔や、食事の量にまでは、気がつかないであろう。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
水鉄砲を仕掛けて二人で横木を踏み、小口の樋から淦水を掻いださせたが、いちど浪がうちこむと、一刻の骨折ももとの杢阿弥になってしまう。
重吉漂流紀聞 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
これは修羅の世を抜けいでて寂光の土にいたるといふ何ものかのやかなしなのでもあらうか。それでは自分も一応は浄火のを過ぎて、いま凉道蓮台のさきまで辿りついたとでも云ふのか。
雪の宿り (新字旧仮名) / 神西清(著)
はこきあかき色。茘支が真赤に熟したのを、き嚢を懸けたやうだと形容したのであらう。ここにも南荒の珍産としてあるから、暖い南支那以外には滅多に見られないものなのであらう。
まるで七年薬草の匂いのくしみこんだその部屋の畳を新しく取り替えて、蚊帳をつると、あらためて寺田屋は夫婦のものだった。登勢は風呂場で水を浴びるのだった。
(新字新仮名) / 織田作之助(著)
その棺の前にはチベット風の純金の燈明台へバタの燈明、ならびに花のある時分には花、それからまた銀の七つの水器には阿伽うる清水、その他沢山な供養物も供えてある。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
漁夫たちは艪をこぎながら、帆綱を整えながら、浸水をくみ出しながら、その黒い石ころと、模範船の艫から一字を引いて怪火のように流れる炭火の火の子とをながめやる。
生まれいずる悩み (新字新仮名) / 有島武郎(著)
そして舷から身を乗り出して、子供がするように、水をいだり、浸水をかき出したりした。
生まれいずる悩み (新字新仮名) / 有島武郎(著)
一度ひどく波をかぶったので、心臓を鳥のようにどきどきさせながら、漕ぐのを止めてをかい出さねばならなかった。
ところがだ、奴はもう死んじゃった、奴はよ、——みてえに死んじゃった。で、だれが一この船を走らせるかね。
「驚きましたね親分。丸屋の勇三でなく、伍助の赤犬でないとすると、下手人はないことになりやしませんか」
「お前に訊き度いのは、この赤犬が人の喉笛などに喰ひつくかどうかといふことだよ」
「我が心清明ければ我が生める子手弱女を得つ。これに因りて言はば、おのづから我勝ちぬ」といひて、勝さびに天照らす大御神の營田離ち、その溝
ここに天照らす大御神詔りたまはく、「然らばの心の清明きはいかにして知らむ」とのりたまひしかば、ここに速須佐の男の命答へたまはく、「おのもおのもひて子生まむ
冬波に背けばき常陸山脈
天の狼 (新字旧仮名) / 富沢赤黄男(著)
弾々を担ふ激怒の雲
天の狼 (新字旧仮名) / 富沢赤黄男(著)
赤児が寝ているこそ丁度幸いだ、今日はお前にと相談することがあるがの、それも外のことじゃアない矢ッ張赤児の事にてな、此様事を云ったら己を薄情なものと思うだろうが
晋「赤児は何うしたね」
〽紅帽子は兵隊さん、西郷に追われて
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
るい月は日の出前に落ちて、寝静まった街の上に藍甕のような空が残った。
(新字新仮名) / 魯迅(著)
思ひ出りてや又ひもせば何とせん思へばしくれ來て何にも知ぬ我が子に迄ぬ別れをさするかやと足元踉々蹌々に定め子故に迷ふの夜に麹町を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
雪よりも白いの美くしさ。ぽうッとしかも白粉を吹いたような耳朶の愛らしさ。匂うがごとき揉上げは充血くなッた頬に乱れかかッている。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
平三が浜へ来た時、平七は鰹を陸へ揚げて了つて船の垢水を汲み出して居た。女共が五六人其の鰹を担つて運んで居た。平三は衣服を浜納屋へ投げ込み、襯衣の上に帯を巻いて船に飛び乗つた。
厄年 (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
しかし塵埃るから、始終いつもそれを綺麗に掃除しておかねばならない、ということばは、たいへん意味ふかいものです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
小児可愛くないかと膝の上へ此の坊を載せますと、エヽうるせえ、とこんな病身の小児を畳の上へ放り出します、それほど気に入らぬ女房なれば離縁して下さい
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ここに兒屋の命、布刀玉の命、天の宇受賣の命、伊斯許理度賣の命、の命、并せて五伴ち加へて、天降らしめたまひき。
海の面は、此処の様に、るい色ではなく、まるで黒い様な色をいつでもして居る。
冬の海 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
然しりが洩れてる所をみると、或はまだ竹内が居るかも知れなかった。
反抗 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
白足袋りそうな廊下、酔いでもさますふうをいながら母屋のほうをうかがってゆくと、その目の前へ、のような灯明りのがゆらゆらとうごいて。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蟠「ア、燈火りが消えるようだ」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
水無月の夕雲
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
ここを以ちて、驛使四方ちて、意富多多泥古といふ人を求むる時に、河内の美努の村にその人を見得て、りき。ここに天皇問ひたまはく、「は誰が子ぞ」と問ひたまひき。
彼女は白いブラウスの上に、真紅い目のめるようなジャケツをかけていた。それよりも泉原の心をひいたのは、心持ち唇をかむようにして、じっと空間を見据えている彼女の横顔であった。
緑衣の女 (新字新仮名) / 松本泰(著)
うす寒げな白の袗衣に、紅羅裙子を曳き、白粉痩せは、その頬に見えるだけでなく、肩にも弱々しげながある。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
色紅くかなしき苺葉かげより今日も呼びつる。
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
『そうだ、十畳を神代杉にする、そうなると又、四畳半が、赤杉の並物ではうつらぬ故、吉野杉の飛切りで貼ってくれい。客に見せて、金を惜しんだように思われぬようにな』
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
やがて、ろい、けたやうな返事をしながら、房一の湯上りでよけい赤紅く輝く顔がのぞいた。彼はゆつくりと兵児帯をまきつけてゐた。
医師高間房一氏 (新字旧仮名) / 田畑修一郎(著)
ドアが開いていたので、わたしはきらきら光る赤銅のなべがかかって、そこから湯気のうまそうに上っている大きなかまどを見ることができた。
でっぷりとしたら顔を提灯の灯でよけい真っ赤に光らせながら門人の柳條、柳橘を従え、苦が苦がしくこちらを見守っていた。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
よろめいてゆく者——よごれてはいるが破れておらぬ着物を着て、肉欲的な厚い唇、丈夫そうならんだ顔をして
群集の人 (新字新仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)
二十五六の痩せてはいるが骨格のがっしりした、眉の濃い浅黒い顔が酒を飲んでいるためにく沈んでいるのをと見たが、気もちの悪いものでも見たと云うようにしてすぐ眼をそらした。
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
汽笛なんか鳴らしたから不可なかったんです。……いだ原因はまだ判然りませんが、船底の銅版と、木板の境い目二尺に五尺ばかりグザグザに遣られただけなんです。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
下げてきたのやかんに一杯雪をつめて戻ってくると、祖母はそれをゆるい火の上にかけて、雪解の水をわかし、それで玉露をいれるのでした。
幻の園 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
上人その雌に向って、我れこの山にて秘法を修するに、閼迦の水を求めんとす、汝この山を守護すべしと云ったところが、たちまち清泉湧き出でた。これ今の閼迦井である。
北海新潟海門におつる大河阿加川と千曲川と也。
「私の先祖がにいたものですから、斉を姓としてるのですよ。私の幼な名は阿霞といいますの。」
阿霞 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
さりとてれにもがひがたきを、としてにとせば松野ひもめ、竹村潔白をもされん、何方にまれくき一人あらば、くまではなやまじを
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
曰く、犂牛くして且つ角よくば、用うることからんと欲すといえども、山川其れてんやと。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
片手づまみの大皿は、鐵砲銃口へ、めざすの、山葵のきいたいのはとくの討取られて、遠慮をした海鰻いのがのやうに少々とろけて、がはがれてる。
祭のこと (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)