“あけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アケ
語句割合
34.0%
21.2%
13.6%
13.6%
6.2%
3.1%
2.8%
1.1%
0.6%
0.6%
0.3%
開場0.3%
朱泥0.3%
朱紅0.3%
朱血0.3%
0.3%
翌朝0.3%
閉場0.3%
開放0.3%
鮮血0.3%
黎明0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
戸をかして、男は打ちれぬ。に染みたるわが手を見つつ、重傷く声を聞ける白糸は、戸口に立ちみて、わなわなといぬ。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
血を好むのだ。彼の目的は血を見るにある。女の血、美人の血。白い皮膚がパッとに染まる瞬間の美、それは彼にえ難い快感を与えるのだ。
耳香水 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)
しに驚き旅宿屋の主人だけりもなき客のに出立せしはにも不審なりとて彼の座敷をめしにる事もれば座敷を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
やがて、の鐘の鐘つき男によって発見されたこの一場の修羅場のあとが、一山の騒ぎとなったことは申すまでもありません。
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
通る人も通る人も皆歩調をゆるめて、日当りを選んで、秋蠅の力無く歩んで居る。下宿屋は二階中をひろげて蚊帳蒲団を乾して居る。
茗荷畠 (新字旧仮名) / 真山青果(著)
渠は、東京にゐた時から、れるまでは、がたの三時までも、四時までも、褥に這入らないのが習慣であつた。
泡鳴五部作:05 憑き物 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
翻長太息に堪へずして台州有人と。古人が詩に心を用ふる、惨憺経営の跡想ふべし。青々が句集妻木の中に、「初夢やなるの結ぼほる」
日も待たず、そのの日の夕暮時、宝の市へ練出す前に、——丸官が昨夜芝居で振舞った、酒の上の暴虐負債を果させるため、とあって、——南新地の浪屋の奥二階。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ていさゝかも家内に故障なく平安無事なる者をび、神㕝の前の神主沐浴斎戒斎服をつけて本社にり、えらびたる人々の名をしるして御鬮にあげ、神慮て神使とす。
りにのようなものを持って腰の廻りを巻いてるから、帯でもするかと見ると、ら下ったで、切裂かれの下へ、押込もうとする、だくだく流れるの中で、一掴、ずるりと詰めたが
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
番紅花色の衣つけの神女は地を照らす。 695
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
薔薇色なす指持てるの神女のいづる時
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
だけど、どうしてもないもんだから、親方、ぷんぷんしちまってね、到頭いま開場たの、あんたすぐいって見た方が、いいわよ
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
開場る前に捜さなきゃ、きっとなくなって仕舞うわ——、今まで皆んなで血眼になっていたのよ。
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
サラと簾を片手で上へかかげて、親鸞はそこから半身を見せた、そして、朱泥で描いた魔神のような弁円の顔をじろと眺め、そのに、ニコリと長いを刻むと
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鱗革朱紅やら金箔をかけたを着、青錦戦襖に黄色の深靴をはいていた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
見れば、左右の手に、重さ八十斤もあろうかと見えるをひっさげ、敵の真っただ中を斬り開いて馳せつけて来る者がある。馬も人も、朱血を浴びて、焔が飛んで来るようだった。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
又店のしい最中に店をた事も有ます相で(荻)夫ではうしてもお紺を
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
翌朝に成ると皆々打寄り届書を書いたり、是から原町の警察署へ訴える手続が宜かろうかなどとゴタ/″\致して居りまする処へ這入って来ましたのは
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
こういう人たちは、中村座が閉場ば中村座の何屋へ、新富座ならば何処と、三、四軒の芝居茶屋を助けもするが、歌舞伎の梅林とか三洲屋とか、一、二の茶屋で顔のうれている男衆たちだった。
それからかれこれ二月ばかりつと、今度は生垣を三尺ばかり開放さしてくれろ、そうすれば一々御門へ迂廻らんでも済むからと頼みに来た。
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
鮮血は泉とり、母の全身色する
(旧字旧仮名) / アダ・ネグリ(著)
『今だ。咲き出づる時は今だ。おれの年頃も、世の中の黎明るのも。……何だか、そんな気がするなあ』
山浦清麿 (新字新仮名) / 吉川英治(著)