“御鬮”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みくじ90.0%
おみくじ10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人相、家相、八卦はっけ、方位、日の吉凶なども、東京人が最も信仰しているようだ。また、御鬮みくじなどもなかなか滑稽こっけいである。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
前日記したる御籤みくじの文句につき或人より『三世相』の中にある「元三大師がんざんだいし御鬮みくじしょう」の解なりとて全文を写して送られたり。その中に佳人水上行かじんすいじょうにゆくを解して
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
安「へえ、先達てあなたもア云う怖い夢を御覧なさり、また何処で伺っても、御鬮おみくじを取っても死霊と生霊という処は怖いようにあたってますナ」