“おみくじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
御神籤61.9%
御籤23.8%
御神鬮9.5%
御鬮4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
安産のおまもりを受けたり、御神籤おみくじを引いている人もあります。御賓頭盧おびんずるの前で、老人がその肩やひざでては自分のその処をさすることを繰返しています。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
けれども敬太郎にはこの御籤おみくじめいた言葉がさほどの意義をもたらさなかった。二人は少しの間煙草たばこを吹かして黙っていた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
御神鬮おみくじの凶が出でたる落葉降る
五百五十句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)
安「へえ、先達てあなたもア云う怖い夢を御覧なさり、また何処で伺っても、御鬮おみくじを取っても死霊と生霊という処は怖いようにあたってますナ」