茗荷畠みょうがばたけ
その前の晩、田住生が訪ねて来た。一昨年の暮に亡なつた湯村の弟、六郎の親友である。今度福岡大学へ行く途中とあつて立寄つた。此間の洪水で鉄道が不通ゆゑ神戸までは汽船にすると云ふ。白絣のあらい浴衣に、黒の帯、新しい滝縞の袴をシヤンと穿いて居た。お …
作品に特徴的な語句
ちよい たかぶ かゝ きはま しまひ ひやゝ むかう つぎ あくと 機会きつかけ くだもの はず どう 砂埃ほこり かぶ いづ ゆつく ゑが ほゝ はだか しゆ あら きり はづ きらめ 蒼色そらいろ 温味あたゝかみ うは ラブ なく さふらふ とらは 甦生かうせい 腹這はらばひ くは かへ まもる あくが 所詮とても たなそこ くらし ひと 突然だしぬけ 突伏つゝぷ 私語さゝや あん しまり しき 額越ひたひごし ふか 盛切もつきり のど 老爺おやぢ 雲母きらゝ きは けは あけ いか 油井ゆゐ 此間こなひだ しよ 悪戯いたづら ざま かさ 懊悩あうなう ボックス 打遣うつちや 赭色しやいろ つかま あらた 築上きづきあ うかゞ すゞり むつま まとま 目配めくばせ のゝし あて 白絣かすり うらやま やに ゆか たゞ 為様しやう 滲入しみい かみ 沈着おちつき 棕梠しゆろ 梶棒かぢぼう 西瓜すゐくわ ばか 明店あきみせ しやべ