“棕梠”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゅろ73.7%
しゆろ26.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
棕梠、芭蕉、椰子樹檳榔樹菩提樹が重なり合った中に白い卓子籐椅子が散在している。東京の中央とは思えない静けさである。
冥土行進曲 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
彼女は、かれたようにベンチから飛び上がった。とたんに、棕梠の葉が手をたたくように揺れて、あたりの闇が、笑い声に騒いだ。
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
発行所の庭には先づ一本の棕梠の木がある。春になつて粟粒を固めた袋のやうな花の簇出したのを見て驚いたのは、もう五六年も前の事である。
発行所の庭木 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)
一寸触つても指に付いてくる六月の棕梠の花粉のやうに、月夜の温室の薄い硝子のなかに、絶えず淡緑の細花を顫はせてゐるキンギン草のやうに
桐の花とカステラ (新字旧仮名) / 北原白秋(著)