“しゅろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
棕櫚62.5%
棕梠29.2%
椶櫚6.3%
手炉2.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
茶の間の方には、茶室めいた造りの小室さえ附いていた。庭には枝ぶりのよい梅や棕櫚などがあった。小さい燈籠も据えてあった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
彼女は、かれたようにベンチから飛び上がった。とたんに、棕梠の葉が手をたたくように揺れて、あたりの闇が、笑い声に騒いだ。
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夜中にふと眼がさめると台所の土間の井戸端で虫の声が恐ろしく高く響いているが、傍には母も父も居ない。戸の外で椶櫚の葉がかさかさと鳴っている。
追憶の冬夜 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
一、空想によりて俳句を得んとするには、兀坐瞑目して天上の理想界をき出すも可なり。机頭手炉して過去の実験を想ひ起すも可なり。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)