“棕櫚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゅろ78.7%
しゆろ21.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
祭壇の前に集った百人に余る少女は、棕櫚の葉の代りに、月桂樹の枝と花束とを高くかざしていた——夕栄の雲が棚引いたように。
クララの出家 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
茶の間の方には、茶室めいた造りの小室さえ附いていた。庭には枝ぶりのよい梅や棕櫚などがあった。小さい燈籠も据えてあった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
が、へ、棕櫚をずぼりとる、とけたやうなつて、のまゝ、べた/\とつて、這込んだ。——
人魚の祠 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そのテラスから棕櫚の並木を越して町はづれの果樹園が見え、更にオアシスの向ふには沙漠がだん/\高まつて四方へ拡がつてゐました。
亜剌比亜人エルアフイ (新字旧仮名) / 犬養健(著)