クララの出家クララのしゅっけ
○ これも正しく人間生活史の中に起った実際の出来事の一つである。 ○ また夢に襲われてクララは暗い中に眼をさました。妹のアグネスは同じ床の中で、姉の胸によりそってすやすやと静かに眠りつづけていた。千二 …
作品に特徴的な語句
棕櫚しゅろ 遮二無二しゃにむに 雑鬧ざっとう 小雨こさめ 定紋じょうもん 朧夜おぼろよ 生一本きいっぽん しゃく 隅々すみずみ 黙祷もくとう 声高こわだか 蠱惑こわく 御名みな たか 崛起くっき 肢体したい 棚引たなび 輪郭りんかく 暁闇あかつきやみ 啼声なきごえ 渇仰かつごう 本統ほんとう 礼拝れいはい 雄々おお 雑言ぞうごん 驀地まっしぐら 障碍しょうがい 伴侶なかま よみ 颶風ぐふう 御心みこころ 断食だんじき 無頼ぶらい はじ 碓氷峠うすいとうげ 間遠まどお 何所どこ 新妻にいづま はら 華車きゃしゃ 小箪笥こだんす 苦行くぎょう 誓言せいごん さか 黒土くろつち 啜泣すすりな 彼所かしこ ながばた 美酒うまざけ 栄耀栄華えいようえいが 裸形らけい 御弟子みでし 牡鶏おんどり 在家ざいけ 清浄しょうじょう 真裸まっぱだか もと 打克うちか 夕栄ゆうばえ 頸飾くびかざり 僧正そうじょう はぐく 瞑眩めまい 燭火あかり 貧窮ひんきゅう 長椅子ながいす 愛児まなご 頌歌しょうか 円卓子パンサ・ロトンダ 弾条ぜんまい 婢女しもべ 東明しののめ 一揃ひとそろい 切下きりさげ 安息日あんそくび 小龕しょうがん 想出おもいで 救主すくいぬし 尖頭きっさき 真黄まっきい まいない 一人児ひとりご 心咎こころとが 重子おもり 侍童ページ