クララの出家クララのしゅっけ
○ これも正しく人間生活史の中に起った実際の出来事の一つである。 ○ また夢に襲われてクララは暗い中に眼をさました。妹のアグネスは同じ床の中で、姉の胸によりそってすやすやと静かに眠りつづけていた。千二百十二年の三月十八日、救世主のエルサレム …
作品に特徴的な語句
婢女しもべ けい うわ とどま 侍童ページ 伴侶なかま がわ ただち たたかい 盲目めしい 永久とこしえ おり つらな ながばた サン おそろ 尖頭きっさき 如何どう 燭火あかり ともしび もよ あらた さずか おびや うわ 想出おもいで 裸形らけい たか しずま ちまた ささ 一揃ひとそろい 礼拝れいはい おぼ しば やみ 暁闇あかつきやみ おそ ゆす とびら おのずか 彼所かしこ 弾条ぜんまい 小龕しょうがん おど もた ひび 啜泣すすりな むちう 頸飾くびかざ かす 処女むすめ すべ うらら かわ 種々いろいろ 美酒うまざけ 羅馬ローマ ふけ ののし 獣色けものいろ 頌歌しょうか まと よみがえ 頓着とんじゃく はじ ほお かしら 頭巾ずきん 黙祷もくとう 町並まちなみ 頸飾くびかざり かえり しゃく うかが 瞑眩めまい たて 真向まっこう 真裸まっぱだか 真黄まっきい ひとみ ふもと 睫毛まつげ ひげ 驀地まっしぐら 祈祷きとう 黒土くろつち とな 私語ささや 神々こうごう ひとみ またた