“旒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
りゅう81.8%
すじ6.1%
なが3.0%
ながばた3.0%
はた3.0%
りう3.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
龍泉寺の樹々も、ここの草木も、焚物として焚き尽し、立っているのは、風雨に黒くよごれた幾十かの菊水の旗ばかりであった。
日本名婦伝:大楠公夫人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
誇らしげに、偽の錦旗二たしてゆく一船こそ、尊氏がす親船。——以下、千余艘とみゆるあの大兵が、わが後ろへ上陸ったら、味方は窮地におちいるほかないぞ。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
するとこの時山つづきの、横手の森から鬨の声が起こり、赤き旗三れひるがえり、七百あまりの将卒が、騎馬、徒歩にて走り出して来た。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
会衆の動揺は一時にって座席を持たない平民たちは敷石の上にいた。開け放した窓からは、柔かい春の光と空気とが流れこんで、壁に垂れ下った旗やを静かになぶった。
クララの出家 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
庭先に立てられた「祝出征……」のを、彼はつくづくと見上げていたが、やがてまた、袖と袖の間に顔を埋めてさめざめと泣きはじめた。
一老人 (新字新仮名) / 犬田卯(著)
踏切りのくには、いづれもすぼらしい藁屋根瓦屋根がごみごみと狹苦しくてこんで、踏切るのであらう、のうすげに暮色つてゐた。
蜜柑 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)