“侍童”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じどう40.0%
こわらは10.0%
こしゃう10.0%
こやっこ10.0%
わらは10.0%
わらわ10.0%
ページ10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
左に太い幹をもつは楊柳。下には流るる河、上には浮かぶ雲。水に建つの中には囲碁を挿む二人の翁。右には侍童が茶をじる。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
領主 書面ようわ。これへ。……して、夜番呼起した侍童とやらは何處る?……こりや、其方主人此處へはしにわせたぞ?
マーキュ 引掻かれた/\。はて、これで十ぢゃ。侍童めは何處にをる? 小奴、はよって下科醫者んでい。
パリス 侍童よ、炬火をおこせ。彼方て、つッとれてゐい。……いや、それをせ、人目りたうない。
つづいて、一僧侶たちは、侍童のものまで、楼門の上にひしひしとつめのぼった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼女の髪は童女の習慣どおり、侍童のように、肩あたりまでの長さに切下にしてあった。
クララの出家 (新字新仮名) / 有島武郎(著)