“ページ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
96.3%
一頁0.6%
侍僮0.6%
侍童0.6%
十頁0.6%
召仕0.6%
枚頁0.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
栞を差し込んだページの上から七行目に「埃及エジプト御代みよしろし召す人の最後ぞ、かくありてこそ」の一句がある。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
僕の机の上には、マダム・ド・ラファイエットの「クレエヴ公爵こうしゃく夫人」が読みかけのまんまページをひらいています。
美しい村 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
これがR事件の最初の一頁ページなのであるが、それは白昼華やかな銀座街の鋪道ほどうの上で起った妙齢みょうれいの婦人の怪死事件から始まる。
流線間諜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
貴族街サン・ジェルマンなどを歩く時には、イギリス風に仕立てた侍僮ページを背後に引き倶して歩くという有様であった。
バルザックに対する評価 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
彼女の髪は童女の習慣どおり、侍童ページのように、肩あたりまでの長さに切下きりさげにしてあった。
クララの出家 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
いくら初刷だって、そんな無駄話で十頁ページも二十頁も埋られた日には、元日の新聞は単に重量において各社ともに競争する訳になるんだから、其の出来不出来に対する具眼の審判者は、読者のうちでただ屑屋くずやだけだろうと云われたって仕方がない。
元日 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そのうち黒ん坊の召仕ページ、いつかクラリモンドからの手紙をわたしに渡した召仕が眼に入りました。
「これはほんとうにクラリモンドであろうか。これが彼女だという証拠はどこにある。あの黒ん坊の召仕ページは、あの時ほかの婦人の使いで通ったのではなかったか。実際、自分はひとりぎめで、こんな気違いじみた苦しみをしているのではあるまいか」
あどけないさまで笑いながら、持直もちなおしてぱらぱらと男の帯のあたりへ開く。手帳の枚頁ページは、この人の手にあたかも蝶のつばさを重ねたようであったが、鉛筆でいたのは……
春昼後刻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)