“ページ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
96.5%
召仕0.6%
一頁0.6%
侍僮0.6%
侍童0.6%
十頁0.6%
枚頁0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
羊皮の表紙に一杯ドス黝い血がこびりついて、六に四吋ぐらいの合判の帳面であったが、綴糸はきれてはバラバラになっていた。
令嬢エミーラの日記 (新字新仮名) / 橘外男(著)
そのうち黒ん坊の召仕、いつかクラリモンドからの手紙をわたしに渡した召仕が眼に入りました。
わたしの若い友達が何かよその方へ気をとられて振りむいている刹那に、風変わりの服装をした黒人の召仕がわたしに近づいて来て、歩きながらに金色のふちの小さい手帳をそっと渡して
これがR事件の最初の一頁なのであるが、それは白昼華やかな銀座街の鋪道の上で起った妙齢の婦人の怪死事件から始まる。
流線間諜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
手には当時すべての漫画に添えて描かれたトルコ玉をめた有名な杖をもち、貴族街サン・ジェルマンなどを歩く時には、イギリス風に仕立てた侍僮を背後に引き倶して歩くという有様であった。
バルザックに対する評価 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
彼女の髪は童女の習慣どおり、侍童のように、肩あたりまでの長さに切下にしてあった。
クララの出家 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
そんな無駄話で十頁も二十頁も埋られた日には、元日の新聞は単に重量にて各社ともに競争する訳になるんだから、其の出来不出来に対する具眼の審判者は
元日 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
あどけないで笑いながら、持直してぱらぱらと男の帯のあたりへ開く。手帳の枚頁は、この人の手にあたかも蝶のを重ねたようであったが、鉛筆でいたのは……
春昼後刻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)