令嬢エミーラの日記れいじょうエミーラのにっき
囂々たる社会輿論のうちにこの凄惨極まる日記を発表するに当っては、まず当時の受けた衝撃なり戦慄なりを、実感そのまま読者にお伝えすることが必要であろうと思われる。そしてそれらの感情を読者に受け取ってもらうためには、まずこの日記の発見された当時の …
作品に特徴的な語句
執拗しつっこ ルーム しつら あせ 湿 解剖アナトミエ 荒野サヴァンヌ 凝乎じいっ オウク づる 菓子キャンデー 浴槽バス まつわ なまめ ぐろ 鬱屈くさくさ 倦怠だる 野営キャンプ 細胞セレ 木炭チアコール 大々でかでか 血清シイラム 密林アンゴラ だる 生獲いけどり 画布キャンヴァス まば 兀鷹ズール しか 無残むご くら まなこ 浅薄あさはか 乾干ひから 竦然ぞっ 機会しお しわが 柘植ボクスッド 四周まわり 四肢てあし 易々いい 斑々はんはん かけ 胡桃ウオルナット あた 幸福しあわせ かか 感傷センチメント ぬぐ 蒙昧もうまい 畢生ひっせい あと 瘴癘しょうれい 白粉おしろい しわ 真似まね にら みは またた みつ ろく 碩学せきがく くぼ 筐底きょうてい 篝火かがりび こも センチ 素破すわ まと ののし 羞恥しゅうち あく ふけ はら そむ 背後うしろ 膂力りょりょく にかわ 艱難かんなん 長閑のどか さかのぼ 陋巷ろうこう 陰影かげ