工芸の道こうげいのみち
この一冊は、私がかつて工藝の性質について書いた最初のまとまった論文である。もう二十七年も前に書いたものであるから、今からすれば訂正すべき個所もないではないが、しかし本質的な点では、今も正しい見方であると信じる。新版を出すに当って、多少の改訂 …
作品に特徴的な語句
いらだ みのり もて うつろ 上手じょうて しい しあわせ みん ゆかり こだ けずり とこしな 遊戯ゆげ たて もく うつ ひろ そり 上野あがの 下手げて 何人なにびと 叛逆はんげき すみ しん そこな 流離さすらい いろどり さば まさ ぐすり とど 一途いっと おのず ちか 二川ふたかわ おとな 何人なんびと いまだ 現世げんぜ みだら よこ かまびす おお うしろ いつ まど おのれ きわ らく いや なり 釉掛くすりがけ あなが れん こし 水滴すいてき 素裸すはだか いい まった 嬰児えいじ なじ たた 如何いかん 好誼こうぎ しるし おそ ひま あつ さか しず 園生そのう 末世まっせ かど 赤津あかつ ため 躊躇ためら 楊柳ようりゅう うてな 取手とって 又平またべい しもべ 饒舌じょうぜつ 犠牲いけにえ 馬鞍うまぐら いぶ かん けだ ないがしろ