“馬鞍”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ばあん66.7%
うまぐら33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“馬鞍”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 工芸 > 工芸8.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
日が暮れても戦争はまぬ。鞍山站の馬鞍ばあんのような山が暗くなって、その向こうから砲声が断続する。
一兵卒 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
一族の老武者おいむしゃ、若武者、またお旗本やら、近習やら、それぞれのお役の者やら、金銀の馬鞍ばあん、青貝のちりばめ、蒔絵まきえの光、開いた傘、つぼんだ傘、弓とうつぼの群、鉄砲の筒の列、赤柄の槍の林……。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『経国大典』に当時下官の者に銀入糸の馬鞍うまぐらを禁止した旨が記してあるから、この錠も一般庶民の用品ではなかったことが推察される。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)