“鞍置馬”の読み方と例文
読み方割合
くらおきうま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
次は上官二十六人、中官八十四人、下官百五十四人、総人数二百六十九人であった。道中の駅々では鞍置馬百五十小荷駄馬二百余疋、人足三百余人をぎ立てた。
佐橋甚五郎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
商人の仲間入を致しては何うも古主へ帰参の妨げになりまする、今にもお召返しになれば鞍置馬り、槍を立って歩く身のうえ、るに食い方に困って十夜や祭の縁日なぞに出て
餞別を実は頂戴に出ましたので、その餞別は申すも恐入りますが、も居りませんから申しますが、は運がければ殿様のお側に居りまして、へ養子に参りましても鞍置馬