“鞍馬山”の読み方と例文
読み方割合
くらまやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どっちにしても、ここ二、三日のうちに果心居士をはたさなければ、こんどこそ竹童、鞍馬山からンだされるにきまっている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鞍馬山牛若丸天狗と剣術をやっているのがあった。その人形の色彩から何からがなんとも言えない陰惨なものである。
写生紀行 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
そのうちにて世間によく知られている話は、源義経が幼少のころ、鞍馬山に入りて僧正坊と申す天狗に遇い、剣術を授かりたりといえる怪談である。
迷信解 (新字新仮名) / 井上円了(著)