“馬之山”の読み方と例文
読み方割合
うまのやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その折にも面目を失したし、次いで去年、伯耆馬之山においても、吉川元春と対陣の末、われはわれから陣を払って引き退いた。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
急を救わんと駈けつけて来て間に合わなかった吉川軍と、功をとげて帰る秀吉軍とは、途中、伯耆馬之山に、相互、必殺を期して対陣した。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「そちの主人、吉川元春どのには、近ごろも健在かな。このたびはまた、馬之山以来の対陣と相成った。筑前がよろしく申しおったと伝えてくれよ」
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)