かび
笹村が妻の入籍を済ましたのは、二人のなかに産れた幼児の出産届と、ようやく同時くらいであった。 家を持つということがただ習慣的にしか考えられなかった笹村も、そのころ半年たらずの西の方の旅から帰って来ると、これまで長いあいだいやいや執着していた …
作品に特徴的な語句
へが ほて ぶら おんぶ 歩行あんよ たずさ 片端きれっぱし まく なか ある 子供もの くやみ 焦燥やきもき 淡白うすしろ 彷徨ぶらぶら あや あれ さび 明朝あくるあさ いや かじか みの ぱし しが 彷徨ぶらつ かん 緊張しまり せわ せなか すす 入牢はい いと はた 猜疑まわりぎ ふか 嘔吐はきけ いら くず けち ただ 東京こっち つく 鏡餅もの 失錯まちがい これ まし あず わなな 法師ぼうず まつわ 沸騰にえかえ 翌朝あした むく 腫物でき しん ばなし 邂逅でっくわ 愛嬌チャーム 酒家のみて はず 追憶おもいだ 阿母おっかあ あが へば あてが いた なず なく がた 東京こちら がく 交際づきあい 雪沓せった わずら たくら 夜更よなか はた かえ 漂浪さすらい