南地心中なんちしんじゅう
「今のは、」 初阪ものの赤毛布、という処を、十月の半ば過ぎ、小春凪で、ちと逆上せるほどな暖かさに、下着さえ襲ねて重し、野暮な縞も隠されず、頬被りがわりの鳥打帽で、朝から見物に出掛けた……この初阪とは、伝え聞く、富士、浅間、大山、筑波、はじめ …
作品に特徴的な語句
やち わり またたさ とこしえ ことずか 嬰児ねね おきて おもて おの あて のり つっ えら べんじょ 引退ひききが こうら こぶし 附着くッつい 湿しめり とき じか このみ てあい てかけ 女房かみ さす いい 一夜ひとよさ 装束そうぞ ずき おさえ さがし あったか 動揺どよみ きまり 面色かおつき わっし 光景ようす われ よし もうで さみ 退すさ にの くすぐった ねや あかり 音信おとづ まし にえ 突張つッぱり つッ ともし 稜威みいず はだ かさね とこ 一条ひとくさり しま わらい あが 頬被ほおかむり ともし とおり 執着しゅうぢゃく 風采ふう かぶり ひど やさし 打殺たたきころ くるわ 女房おかみ ちいさ しぼ くい 含羞はなじろ あやぶ ほぐ 串戯わやく あけ しん けつまず 一見いちげん 跫音あしあと 露出あらわ 霜葉もみじ やわらか だんま ほっそ あかる