南地心中なんちしんじゅう
「今のは、」 初阪ものの赤毛布、という処を、十月の半ば過ぎ、小春凪で、ちと逆上せるほどな暖かさに、下着さえ襲ねて重し、野暮な縞も隠されず、頬被りがわりの鳥打帽で、朝から見物に出掛けた……この初阪とは、 …
作品に特徴的な語句
歯痒はがゆ 野分のわき 美濃みの 浅葱あさぎ かば 反身そりみ えくぼ 忿怒ふんぬ あさひ 結城ゆうき 撞木しゅもく 薄縁うすべり たちばな 緋縮緬ひぢりめん 血汐ちしお 芙蓉ふよう すし 筑波つくば 蹴出けだ 冥土めいど 瑪瑙めのう 緑青ろくしょう 可懐なつかし 透間すきま 引緊ひきしま 笑靨えくぼ みどり 衣摺きぬずれ かけはし 他愛たわい 咳払せきばらい 花簪はなかんざし 丑満うしみつ ともえ 爪尖つまさき 疼痛いたみ 甲羅こうら 両人ふたり 夥間なかま 布袋ほてい 無慚むざん みまわ 内々うちうち 円髷まげ 台辞せりふ 新造しんぞ 片頬かたほ 稚児ちご 神酒みき 土器かわらけ 藍微塵あいみじん 鯉口こいぐち 赤蜻蛉あかとんぼ 串戯わやく 莞爾々々にこにこ 遥々はるばる 栄耀えよう 谿たに 爪立つまだ いなずま 不知火しらぬい 愚図ぐず 生際はえぎわ 詰襟つめえり えび 艶麗あでやか 蒼味あおみ へた なら 二個ふたつ 握拳にぎりこぶし 手枕たまくら 指貫さしぬき ぼら 東雲しののめ 内端うちわ 沐浴ゆあみ 真先まっさき 嬉々いそいそ 暗夜やみ 生地きじ 真昼間まっぴるま かわら 神輿みこし 緋鹿子ひがのこ 薄紅うすべに 鳩尾みずおち 出遇であ 詫言わびごと かぶら 下座げざ 世帯しょたい 処々ところどころ りん 友染ゆうぜん 吩咐いいつ 大銀杏おおいちょう うたげ