“あかつき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アカツキ
語句割合
74.6%
15.3%
暁天2.8%
1.7%
垢附1.1%
垢付0.6%
払暁0.6%
拂曉0.6%
早暁0.6%
明曉0.6%
曉天0.6%
紙巻煙草0.6%
黎明0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このごろ、毎日のごとく夜半からにかけて空襲警報が鳴る。しかし多くは、空襲警報だけに終って、敵機の投弾は、どなかった。
英本土上陸戦の前夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
驟雨からからとつてるのでまぬうちからいて百姓をどうかすると五月蠅めた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
等は、もう暁天になったと告げるけれども、あのように岡の森は未だ静かなのですから、も少しゆっくりしておいでなさい、という女言葉のようにも取れるし
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
涙に暮れる枝垂柳よ、おまへの髮をきあげて、そら御覽よ、あすこを通る人を、に立つ人を
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
「いけない、いけない、そんな坊主の垢附なんぞが着られるものか」
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
かくて新家元へ相伝の大任を終った翁が、藩公長知侯にお暇乞いに伺ったところ、御垢付の御召物を頂戴したという。
梅津只円翁伝 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
夜にして始めて霊夢を蒙り、その払暁水際立出でて
鬼桃太郎 (新字新仮名) / 尾崎紅葉(著)
してめて靈夢り、その拂曉水際
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
深淵を逆さに刷くような、紺碧のふかい雲形——きょう一日の小春日を約束して、早暁の微風は羽毛のごとくかぐわしい。
早くも見て取られ如何に忠兵衞其方八箇年以前寶永七年八月廿八日の明曉長庵を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
昨日までは、弦月丸美麗なる船室して、目醒むると一に甲板て、曉天しきかれながら、いと心地よくめたも、にはたゞ物凄ゆるのみである。
(探偵作家梅野十伍は罪汚れ多き某夫人に代ってニヤリと笑い、ここでまたペンを置いた。そして紙巻煙草に手を出した)
軍用鼠 (新字新仮名) / 海野十三(著)
『あゝ、何故此樣不運出逢つたのであらう。』と昨夜つて、全濡になつた黎明へてる、日出雄少年をば抱上げ、しも、太陽暫時浮雲れて