“あさ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アサ
語句割合
35.5%
30.6%
7.7%
6.3%
6.1%
4.7%
求食1.3%
𩛰1.1%
麻布0.8%
午前0.7%
厚狭0.6%
0.6%
阿佐0.6%
朝飯0.4%
0.4%
渉猟0.3%
0.3%
0.3%
今朝0.1%
安佐0.1%
払暁0.1%
0.1%
0.1%
早朝0.1%
0.1%
0.1%
求猟0.1%
0.1%
翌朝0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
生活くにしていた。は八き、着換へてみ、れから書齋るか、病院くかである。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
ある夏の日、二つ井戸へ医学書の古本をりに行つた帰り、道頓堀を歩いてゐると喫茶店の勘定場で金を払つてゐる修一を見つけた。
六白金星 (新字旧仮名) / 織田作之助(著)
ただ違うところは、顎に青髭があることと、天鵞絨の黒い上衣のかわりに、絵具だらけの仕事着を着ているところだけだった。
森鴎外氏の『埋木』やそんなものを古書肆からって来てそれらを耽読したり上野の図書館に通って日を消したりしながら
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
よりまぐれをすはのするのではくてがらのましいがござんす、此樣しい貴君立派なお方樣
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
これらの川魚は、いたらいのに、半分せて、呼吸をしていました。そのでは、ぐりをなべでっていました。
とびよ鳴け (新字新仮名) / 小川未明(著)
「鶴が鳴き葦辺をさして飛び渡るあなたづたづしれば」(三六二六)、「沖辺より潮満ち来らしの浦に求食りする鶴鳴きて騒ぎぬ」(三六四二)等の歌があり
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
其の赤児をば捨児のやうに砂の上に投出してゐると、其のにはせた鶏が落ちこぼれた餌をも𩛰りつくして、馬の尻から馬糞の落ちるのを待つてゐる。
水 附渡船 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
にはさい腫物出來てゐるので、糊付シヤツはないで、らかな麻布か、更紗のシヤツをてゐるので。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
それは寂しい秋の午前であった。こまかい霧雨が壁に降りかかり、すべてのものが——空も建物も裸になった樹々も、霧にされた遠方も——おしなべて灰色に見えた。
碧眼 (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
山陽線の厚狭を出たばかりの特急列車、富士号がフル・スピードをかけて南に大曲りをしている。
人間レコード (新字新仮名) / 夢野久作(著)
朝鮮語でをアチム、例推するに本邦で上世、晨すなわち日の出る事をアズマと呼び、東は日の出る方故、東国を朝早く鳴く鶏にせて鳥が鳴く吾妻と称えただろうと、に正説で
阿佐の病室。経堂の病室。千葉県船橋。板橋の病室。天沼のアパート。天沼の下宿。甲州御坂峠。甲府市の下宿。甲府市郊外の家。東京都下三鷹町。甲府水門町。甲府新柳町。津軽。
十五年間 (新字新仮名) / 太宰治(著)
朝飯が済んでしばらくすると、境はしくしくと腹がみだした。——しばらくして、二三度はばかりへ通った。
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ドキュメントをる心などで読まれるべきものではなく、己れの日々の生活に愛と忍びとの味を沁み出させんとの実践の気持ちでしかせられなくてはなりませんね。
青春の息の痕 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
家を引越歩いても面白くない、友人と語り合っても面白くない、外国小説を読み渉猟っても満足が出来ぬ。
蒲団 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
ロミオ いや/\、らする雲雀ぢゃ、ナイチンゲールのではない。戀人よ、あれ、おやれ、意地横縞めが裂目にあのやうなけをる。
ぬすみにる蜑が子の
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
態々斯うして来るには何か訳のあることであろう、今朝勝五郎に見付けられた一件もあるから、こりゃ晩まで待っていられない事が出来たのだな、と察しましたので
蘭軒と幾勢安佐の二女とである。幾勢は蘭軒の姉であるが、安佐は其序次を詳にすることが出来ない。只安佐の生れたのが幾勢より後れてゐたことだけは明である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
いわば、長夜の臥床からさめようとする直前、一段深く熟睡に落ち込む瞬間がある。そうした払暁のひとときだった。
家へ帰つて色々古い書物をつて見ると、封を解く呪文だけはうにか了解めたが、さて封を解いたものかうか一寸始末に困つた。
大氣は澄んで、蒼い空を限つて立ち並んで居る峯々の頂上などまでどつしりと重みついて來たやうに見ゆる。漸々紅らみそめた木の實をるいろ/\の鳥の聲は一朝ごとに冴えまさつた。
姉妹 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
それこそぽくりと、早朝顔を洗いながら、臥床から離れる娘へ
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
今夜で、その満七日ではありませんか。——もう夜半をすぎていますから、八日のです。めないうちに、召上がってください、そして、力を
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
手広い花屋は、近まはり近在をるだけでは間に合はない。其処で、房州、相模はもとより、甲州、信州、越後あたりまで——持主から山を何町歩と買ひしめて、片つ端から鎌を入れる。
玉川の草 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
あらかじめ書籍に就いて、その名を心得、その形を知って、且ついかなる処で得らるるかを学んでいるものにも、容易に求猟られない奇品であることを思い出した勇美子は、滝太郎がこの苔に就いて
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
しかしまだ直ぐには取りかかれないので、さらにドイルの作をって、かのラスト・ギャリーや、グリーン・フラダや、爐畔物語や、それらの短篇集を片っ端から読み始めました。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「ええほんとですよ。寝しなにお茶碗一杯飲んでおくと、翌朝はけろりとしててよ。」
野ざらし (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
しかるに生まれて幼き児が三疋より多く母にれられ居るを見ず、自分で餌をるほど長じた児が二疋より多く母にわれ居るを見なんだ。
あげしほひて、はやる。
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)