“ごぜん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
御前59.4%
御膳19.4%
午前10.6%
御飯7.6%
御饌1.2%
晩餐0.6%
御饍0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「でも、ただ今は、御本丸へ、秀吉様がお越しになって、紀伊どのも、三左どのも、御前でお話し中だといってるではありませんか」
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
人仕事しい家の、晩飯の支度は遅く、御膳取附の障子をけると、洋燈朦朧とするばかり、食物の湯気が立つ。
処方秘箋 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
海戰午前三十つて、東雲までらなかつた。此方忠勇義烈日本軍艦なり、世界れなき印度洋大海賊
ひよつと夕飯までに帰らなんだら、少し御飯へて喰べとくがよい、腹のすいてる方がおいしいさかいな。
心の鬼 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
余所りに晩餐を食べてけと勧められたけれども和女のお料理が出来ているだろうと思ってにも食べずに戻って来た。そんなによく出来たら誰かを呼んで御馳走したいの。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
聞くと少々心細くなりましたからモー晩餐はおいにしましょう。どうぞお茶を
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
「どうも困るね、御飯をたべないと、身体が疲れるばかりだからね」「そうでございますとも、私共でさえ一日御饍をいただかないと、明くる日はとても働けませんもの」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ふはりと隣家の破風めてが一つ浮いて出た。青み初めた空から太陽がわづかに赤いを振り落した。まじめな朝が若いと交代する。
(新字旧仮名) / 岡本かの子(著)