“ごはん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
御飯76.2%
呉班4.8%
伍伴3.2%
御藩3.2%
晩餐3.2%
午飯1.6%
夕飯1.6%
御判1.6%
昼餐1.6%
晩餉1.6%
花押1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どんどんげて行って、の下までると、御飯べてしまった山姥が、いくらさがしても女の子がいないので、そうおこって
山姥の話 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
馬岱が真先に、三千の軽兵をひきいてどこかへ走った。次に、馬忠と張嶷が各〻五千騎を持って出動した。呉班呉懿らの軍も何か任を帯びて出た。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これがそのく西洋文明と同化して列強の伍伴に列し得るゆえんである。家の重んずべくしてその単位なる夫婦の重んずべきは我が国に於て一層である。本立って道生ず。
婦人問題解決の急務 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
『今直ぐ、何物も無いんですけど晩餐を差上げてから始めるんですつて。私これから、清子さんと神山さんをお誘ひして行かなけやならないの、一緒に行つて下すつて? 済まないけど。』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
午飯をしまつて少し過ぎると、二人の従妹が参り升たから蜀畑を見せ、手製のを見せると、二人は慾目で見る私さへ満足するほどに賞揚してくれ升て、私も大分得意になり
黄金機会 (新字旧仮名) / 若松賤子(著)
周囲りはすっかり暗くなり、木魚の音が悲しい程単調に繰りかえされていた。ふと、自分を呼ぶ声に顔をあげると、夕飯もたべんと何してるんや。門の傍でお君が怖い顔して睨んでいた。
(新字新仮名) / 織田作之助(著)
科人に上へ言上に及び各々御判り候外より盜賊出しかば越前守越度に付御役御免ひ奉つる此段宜敷御披露下さるべしと申られしかば右近將監殿いにかれ先々輕擧給ふな同列とも談じ言上に及んとて御老中方評議の上言上に及ばれしかば將軍吉宗公てのかせに大岡殿を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
碾茶を少し加えましたからにお美味いでしょう。まだ外にも色々ありますけれども昼餐のお副食物に差上げましょう。大原さんは別に御用もありますまいから御緩りとお遊びなさい。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
でもはれませんよ。晩餉はまだなんですか。そんならおしへてげませう。此處つて、それかられて、すこし、あんたと昨日あつたのあの交叉點です。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
「ご一筆、花押をねがわしゅうぞんじますが」
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)