“呉班”の読み方と例文
読み方割合
ごはん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
前から関興、廖化呉班呉懿、裏からは馬岱、王平、馬忠、張翼などが、早鼓を打って、火とともに攻め立てて来たのである。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
馬岱が真先に、三千の軽兵をひきいてどこかへ走った。次に、馬忠と張嶷が各〻五千騎を持って出動した。呉班呉懿らの軍も何か任を帯びて出た。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
野営を張って、途中に陣していると、張飛の部下、呉班という者が、馬も人も汗にぬれて、追いついてきた。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)