“食事”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょくじ53.8%
しよくじ28.8%
めし7.7%
とき1.9%
もてなし1.9%
もの1.9%
サパー1.9%
レーション1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なぜかというと、それから朝の食事がすむと、要吉にとってはなによりもいやな、よりわけをしなければならなかったからです。
水菓子屋の要吉 (新字新仮名) / 木内高音(著)
ぞなし居たり感應院が食事仕果し頃を計り寶澤も油掃除臺所へ入來り下男倶々食事をぞなしぬに一物ある寶澤が院主の方を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
みんな将校連が飲じまったんだよ。まったくの話が、食事の間におれ一人でもシャンパンを十七本から平らげたんだからね!
どの面さげてお食事に出たり、お寺のソースをたいらげたりできますかい? とても恥ずかしくって、そんなことはできませんよ、失礼します!
乙樂人 はッつけ野郎め!……さ、て、會葬者るまでってゐて食事にありつかう。
当てがわれただけの食事では、ややともすれば不足がちなもの……小体の家ではないことだが、奉公人を使う家庭となると、台所のきまりがあって、奉公人の三、四人も使っておれば
食事の用意が出来ましたといわれると、お客は銘々立ち上がって、食堂へ行く。
パーティ物語 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
二時半に食堂部が終ると、外套置場と交換台に当番をおいてレジスターやルーム・メイドが食事に行く。
復活祭 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)