カラマゾフの兄弟カラマゾフのきょうだい01 上01 じょう
誠にまことに汝らに告ぐ、一粒の麦、地に落ちて死なずば、 唯一つにて在りなん、もし死なば、多くの果を結ぶべし。 ヨハネ伝第十二章第二十四節 アンナ・グリゴリエヴナ・ドストイエフスカヤにおくる この物語の主人公アレクセイ・フョードロヴィッチ・カ …
作品に特徴的な語句
かた 精霊もののけ けだ 嫉妬やっか いとけ しげ こころ かた 強者シリヨン 調和ハーモニイ まっ 小説ロマン 珈琲カフェー 祝福みめぐみ ひと 湯沸サモワール あま はに 解放エマンシペーション 前菜オードブル いつく 書記アルヒーフ 襯衣はだぎ 勤行きんこう 優美はで とば 逝去せいきよ のぼ グルーズジ 情夫まぶ 売女じごく つれ 彼女あいつ がえ じるし 婦人ひと かむり 岐路わきみち 食事とき 顴骨ほおぼね しな まじな 囚人めしうど くびす 古事スタリナー 外国あちら かけ 文盲あきめくら はじ 真実まこと うべな 寡婦ごけ 対句カプレット 食事めし 諷刺アレゴリイ あか いと 猟人さつお おだ 燃火ともしび 黒駒くろ 中音テノール 薄倖ふしあわせ 打撲だぼく 以前まえ むち 配偶つれあい Х 嘲笑ちょうしょう カーシャ 機会しお ほうむ さいな もと 戯曲ドラマ とびら たな 悪党わる えつ 故郷くに 接吻くちづけ 斑点しみ まち 插話エピソード 揺籃ようらん 譬喩たとえ 聖母マドンナ きよ