“蕈”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きのこ91.1%
たけ5.4%
くさびら1.8%
グルーズジ1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
耕一はよろよろしながらしっかりをつかまえていましたらとうとう傘はがりがり風にこわされて開いたのような形になりました。
風野又三郎 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
それからに入れてある、あのしめじが釣った、沙魚をぶちまけて、散々悪巫山戯をした挙句が、橋のの浮世床のおじさんにまって、額の毛を真四角まれた
化鳥 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
やがて一つ、山ののようになった時、二人はその、さす方の、庚申堂へ着いたのである。
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「では、は?」Гの音をから押し出すように、ほとんどХのように発音しながら、だしぬけにフェラポントは尋ねた。