“紅蕈”の読み方と例文
読み方割合
べにたけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
熊笹、柴などを分けて、私達はを探し歩いたが、その日は獲物は少なかった。枯葉を掻除けて見るとにあるのは紅蕈という食われないのか、腐敗した初蕈位のものだった。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)