“紅絹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もみ94.3%
くれない1.9%
べにきぬ1.9%
べにぎぬ1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小僧さんのする盲目縞の真黒な前かけでもあることか、紫地に桜の花がらんまんと咲いて、裏には紅絹のついているちりめんのチョン髷
『あゝ、ではありますまいか、でなかつたら、どんなにしいんでせう。』と、たる喜悦をソツと紅絹手巾押拭ふ。
即ち紅絹素練をいて小旗を作り、各々歌や詩を書いて戦場に臨んだと記録にある。
応仁の乱 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
近頃はやりのひとつになった黄縞格子薄物に、菊菱模様のある緋呉羅めて、からへ、紅絹守袋をのぞかせたおせんは、いあげた島田髷清々しく
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)