“くれない”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
97.6%
紅色1.2%
紅潮0.4%
紅絹0.4%
血紅0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その時は熊の胆の色が少しを含んで、咽喉を出る時がぷんと鼻をいたので、余は胸を抑えながら自分で血だ血だと云った。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
地平線の上にを長くさしのべなば、われはるかの土と紅色石榴とに触れもやせん。金光燦爛たる国土かな。鳥飛ばず、曇りもえせず、色もあせざる空の下。
水色の眼鏡にちょっとにらまれて、さっと紅潮を散らしながら、千鶴子はほほと笑いしが、またまじめになりて
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
『あゝ、ではありますまいか、でなかつたら、どんなにしいんでせう。』と、たる喜悦をソツと紅絹手巾押拭ふ。
見廻すと、向うの薬屋の軒に、真赤な電灯が大きい紅玉石のように、血紅の光を夜の街に投げて居ります。
青い眼鏡 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)