思い出す事などおもいだすことなど
ようやくの事でまた病院まで帰って来た。思い出すとここで暑い朝夕を送ったのももう三カ月の昔になる。その頃は二階の廂から六尺に余るほどの長い葭簀を日除に差し出して、熱りの強い縁側を幾分か暗くしてあった。その縁側に是公から貰った楓の盆栽と、時々人 …
作品に特徴的な語句
もど ながさ こうぶ のこ かおり あく じか せい がら アイス きょく おお わず 温泉でゆ しょう つらま しょ はんべ わず つまび たっ ともし かおり 彼女かのおんな 御生おは 心遣こころづかい どう やまい あず わなな 片方かたかた ゆるし かたわ 確然はっきり かん しっ せい しも とく 執拗しゅうね から へん おの うご たた あや 明日あくるひ 周囲ぐるり いず かた 花瓶かへい 判然はんぜん むな 居宅うち いさぎ あわ たすけ 白衣はくい まつわ たのみ おく そら 夜半やはん ほしい 上下じょうげ きら おおや なつか ちがい はた むき まぬ さしは おい そく 蹲踞うずく うらない あや いつ たのしみ たた つか ねらい くしけ へい けぶり ただ ぜん