思い出す事などおもいだすことなど
ようやくの事でまた病院まで帰って来た。思い出すとここで暑い朝夕を送ったのももう三カ月の昔になる。その頃は二階の廂から六尺に余るほどの長い葭簀を日除に差し出して、熱りの強い縁側を幾分か暗くしてあった。そ …
作品に特徴的な語句
愚弄ぐろう 気魄きはく 牡蠣かき 流暢りゅうちょう 稲妻いなずま 天秤てんびん 浅黄あさぎ 錦絵にしきえ 午過ひるすぎ 未練みれん きぬた かけい 布団ふとん 見覚みおぼえ 忌憚きたん 苗字みょうじ 屈託くったく 陳腐ちんぷ がん 稀薄きはく 回向院えこういん 緑青ろくしょう 彗星すいせい 御蔭おかげ 半年はんねん 日盛ひざかり 述懐じゅっかい 宛名あてな 手数てかず 生血なまち 鳶色とびいろ せん 含蓄がんちく 物憂ものう 花弁はなびら 脳裡のうり 一揆いっき 五日いつか 小暗おぐら 発作ほっさ 吾々われわれ 寝覚ねざ 海辺うみべ 渓川たにがわ 幾重いくえ 雑煮ぞうに 悠長ゆうちょう 因業いんごう 床下ゆかした あした 枕辺まくらべ 金箔きんぱく 赤蜻蛉あかとんぼ さき へい 現今げんこん くだ 纏綿てんめん 桐油とうゆ 煎薬せんやく 詩歌しいか 遠退とおの 北国ほっこく 反故ほご 雑作ぞうさく 算木さんぎ 御膳おぜん 一分いちぶ 殊勝しゅしょう 綿わた 出来栄できばえ つとめ そば 後戻あともど 日除ひよけ 白壁しらかべ 髪毛かみげ 干乾ひから あな ばく 昏睡こんすい 鶺鴒せきれい 献立こんだて 起居たちい 小家こいえ 危篤きとく 亡者もうじゃ 肌寒はださむ 阿片あへん 初秋はつあき 難渋なんじゅう 容体ようだい 屋根瓦やねがわら とりこ 日々にちにち さわ 物干ものほし