“白衣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
びゃくえ58.4%
びやくえ13.9%
びゃくい7.9%
はくい6.9%
はくえ4.0%
びやくい3.0%
きもの1.0%
しろきころも1.0%
しろぎぬ1.0%
しろぬの1.0%
シロムク1.0%
バーナス1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
光子さんは観音さんのポーズするのに、なんぞ白衣の代りになるような白い布がほしいいうのんで、ベッドのシーツがしました。
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
さうして、翌日の出立に、源右衞門の家の勢揃ひへ眞ツ先きに行つたのは文吾で、白衣に脚絆甲掛けの姿が可愛らしかつた。
石川五右衛門の生立 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
うがいか、おさんの白衣姿はぷいとのようにえて、はただひとりポッネンと、この閑寂景色されました。
而して駒ヶ嶽登臨の客は多くこの地よりするを以て、夏時白衣行者陸續としてを接し、旅亭は人を以てめらるゝと聞く。
秋の岐蘇路 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)
白衣股立を取つて、五を掛け、白鉢卷に身を固めて、薙刀を打ち振りつゝ、露拂ひをめるのは、小池に取つてかしいでもなく、二三日の稽古で十分であつた。
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
うは鬚のはねた若いのが、洋服の上に白衣をつけて、忙しさうにしてゐたのを見た。それがお鳥の好きな醫學士だらうと思はれた。
泡鳴五部作:05 憑き物 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
やったものだから困るといって、今この通り、白衣納経を置いて行って、お寺さんへ納めてくんろといいながら、浜の方さ、行ってしまっただよ
千ヶ寺詣 (新字新仮名) / 北村四海(著)
また汝の兄弟は、白衣のことを述べしところにて、さらにらかにこの默示をわれらにあらはす。 九四—九六
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
そこで、この白衣の女はどこから来るのだろうということが、第一に店の者の疑問となった。
白衣が二ところばかり巻いてあった。
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
次は八月の一日で、江戸時代になつても、吉原の遊女は、八朔がへと言うて、白衣を着た。古いものいみ生活の遺風が、こんな形となつて残つたのである。此外には、九月九日もさうであつた。
アラビヤ兵の白衣が点々とみえていたのが、眼隠しをされ、まっ暗になる。男は、彼を自動車にのせ、一時間ばかり運んでいった。やがて、家らしいものに着くと、眼隠しをとられる。
人外魔境:10 地軸二万哩 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)