東光院とうこういん
東光院の堂塔は、汽動車の窓から、山の半腹に見えてゐた。青い木立の中に黒く光る甍と、白く輝く壁とが、西日を受けて、今にも燃え出すかと思はれるほど、鮮やかな色をしてゐた。 長い/\石段が、堂の眞下へ瀑布を懸けたやうに白く、こんもりとした繁みの間 …
作品に特徴的な語句
あたへ ぢつ わたへ 退すべ とツ そゞろ 𢌞 ひやゝ 微笑びせう まる まとひ ぱう むつ 恐怖おそろ つゝ 阿母おか ゆつ むづ さみ おつ みの 何家どつ あた がう しう にほ るゐ 食卓ちやぶだい 端折はしを かす 折敷をしき とゞ あん 矢張やつぱり うご 白衣はくえ 土埃つちぼこ やつ 私等わたへら 燐寸まつち おく 此方こつち あふ うは 阿母おかあ にじ 砂埃すなぼこ そゝ かゝ あは 光景さま 疲勞くたぶ きま をどり 調とゝの いそ 出納でをさ 羽織ばおり しゆ はう 上手じやうず 刺繍ぬひ せい きう やゝ たぐひ 一所いつしよ たふと かご がら かゝ こまか 在所ざいしよ ちゞ まつ わづか 女將ぢよしやう ひろ 股立もゝだち せな たゝず 追手おつて にはか 強請ねだ くは したゝ けん 交際つきあひ めん うしろ