石川五右衛門の生立いしかわごえもんのおいたち
文吾(五右衞門の幼名)は、唯一人畦の小徑を急いでゐた。山國の秋の風は、冬のやうに冷たくて、崖の下の水車に通ふ筧には、槍の身のやうな氷柱が出來さうであつた。布子一枚で其の冷たい風に慄へもしない文吾は、實つた稻がお辭儀してゐる田圃の間を、白い煙 …
作品に特徴的な語句
ぴき むす 女郎やま 和尚おツ わい 和尚をツ あば やまひ じやく みの ひね いぢ 盜人ぬすと 胴服どてら 小刀さすが いくさ 把手とつて そつ しま 菊石みつちや 阿母おかあ あが 下向げかう のが 八歳やつつ どう 四歳よつつ さま つゐ せは ぶち へり 美味おいし 耳朶みゝたぶ 莞爾につこり しな 軍人いくさにん 迷子まひご 重瞳ちようどう くは 阿呆あはう 阿母おつか 魂魄たましひ 一片ひときれ 七歳なゝつ 可笑をか 喫驚びつくり なら 尖端さき きれ 徂徠ゆきき 慈姑くわゐ わざ つか かな 明朝あす 時鳥ほとゝぎす ぼか 朝晴あさば つめ 氣色けはひ 氷柱つらゝ 流連ゐつゞけ もぐ たゞ 狡猾ずる 瑪瑙めなう つが 白衣びやくえ じわ こいし 禁厭まじなひ 紙帳しちやう 聖顏ひじりがほ 胡瓜きうり 自然ひとりで 蒼空あをぞら はびこ しま 蚯蚓みゝず 跛足びつこ すゞ 鑵子くわんす 面魂つらだましひ のぼ さきが 久居ひさゐ 何家どこ 俺等おいら