“騰”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あが50.9%
のぼ42.0%
4.5%
0.9%
とう0.9%
のぼり0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
油煙がぼうつとるカンテラのがさういふてをしくせてる。つた西瓜さな一のりである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
布子一枚で其の冷たい風に慄へもしない文吾は、つた稻がお辭儀してゐる田圃の間を、白い煙の立ちる隣り村へと行くのである。
石川五右衛門の生立 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
ところが、三月に入ってから、あらゆる物価はげられた。配給の米、醤油、そういう基本になる生活物資が約三倍になった。
其声は舜旻天号泣する声の如くいじらしく耳に響いた。霜の朝など八幡から眺めると、小川の上ばかり水蒸気がほうっと白くって、水の行衛が田圃はるかにさゝれる。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
「むかしから雪中に虎に遭うの夢は不祥のとしてある。もしや上洛中の大殿将軍の君に、何か凶事でも起ったのではなかろうか」
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また息長眞手の王が女、比呂比賣の命に娶ひて、生みませる御子、忍坂日子人太子、またの名は麻呂古の王、次に坂の王、次に宇遲の王三柱。