血煙天明陣ちけむりてんめいじん
天明五年十一月、三日の夜の深更であった。宵の間にかくれた月の後、空には星ばかりが繁くまばたき、冬の寒さをいや増しに思わせ、遠くで吠え立てる家護りの犬の、声さえ顫えて聞こえなされた。 大江戸の町々は寝静まり、掛け行燈には火影さえなく、夜を警し …
作品に特徴的な語句
じいや 尋常まっとう 以前まえがた 表面おもてむい 執拗くど おや 白衣しろぬの 此処このへん 情婦おっこち こもの 先刻いましがた おろ こわ あやか 生存なが いさり せめ 容易たやすく 中間なか 虚言たわごと 木偶ロボット あでや 不良ならず 形成つくりな 乞食おこも 往来とおり 後継よつぎ 生活ぐらし 衣裳おめし 燈火ひかり いと 自由きまま 薄笑わら きお あかり 誘拐かどわ 日光ひざし おかみ 報告はなし 盗賊ものとり 紹介ひきあわせ 都会まちかた 燈火ともし へつら 反響ひび そり 木偶でくのぼう ぬかず つぶ 譎詐きっき おのれ 江戸ちゅうおう いわん いぶ 宿 洒落しゃらく だる わたくし 彼方むこう 死者なきもの 造作つくり 可憐いと から 目標あて かたわら かたわ はな まこと 酒宴うたげ 富豪おかねもち 香料においもの 醜態ぶざま あせ 研究しらべ せい 下流かわしも ゆるや 燈火 付近てぢか 土蔵ぐら おわ 垂布たれ 各自おのおの おい 洞然ぽかん 誘拐かどわかし 散々さんざ しのび 日本ひのもと 湖水うみ 刀身