“政”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まつりごと57.4%
まさ20.2%
まつり12.8%
せい5.3%
しろしめ1.1%
1.1%
マツリ1.1%
マツリゴト1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(七)舜禹(八)岳牧む。(九)み、らしむること(一〇)功用り、く。
「ペスでない、きっとほかのだよ。ちゃんは、なにをたのかわかりゃしない。」と、いちばんちゃんが、いいますと
ペスをさがしに (新字新仮名) / 小川未明(著)
「天上地下、ただ徳ある者が、これを保ち、これをするは当然、、荊州を領する者、汝の主孫権でなくてはならぬという法があろうかっ」
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いつものように、おさんは、洋服屋へこられて、こんどは、一が、新学期からるためのしいを、おみなさったのでした。
窓の内と外 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「葡萄大谷をす我らがご主君弾正太夫様を敵に裏切る謀反人じゃ!」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ガヤガヤと物をいう。非難攻撃、陥穽迫害! ……が、わしは恐れない! わしは力でやっつける! 一人の力で、もっぱらにる!
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
宋朝管領梁中書北京ニアリテ、民ヲ毒シ、ヲ用イシテ富財ヲスルコト多年。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
普通献上物をするからの祭りとは別な内容を持つと考へ、区別する為にと称してゐる。覆奏詞をまをす儀だから、まつりごとと言ひ慣したわけだ。