“覆奏詞”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
カヘリマヲシ66.7%
マツリゴト33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“覆奏詞”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗習慣・民俗学・民族学4.3%
文学 > 日本文学 > 日本文学1.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
即、田畠を荒す精霊の代表として、鹿や蟹に、服従を誓はす形の呪言があり、鹿や蟹に扮した者の誓ふ、身ぶりや、覆奏詞カヘリマヲシがあつた。
すなはち鹿・蟹に対する呪言及び其副演の間に、当の田畑を荒す精霊(鹿・蟹を代表に)に扮した者の誓ふ身ぶりや、覆奏詞カヘリマヲシがあつたに違ひない。
覆奏詞マツリゴトをまをす儀だから、まつりごとと言ひ慣したわけだ。