“政治”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まつりごと50.0%
せいぢ20.8%
まつり12.5%
せいじ8.3%
しおき4.2%
マツリゴト4.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かくのごとき祭事がいかにして政治に変わって来たか。ここに我々はいわゆる「大臣大連」の意義が見いだされはしないかと思う。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
此君にして此臣あり、十萬石政治りて富國強兵きし、恩田杢は、幸豐公活眼にて、擢出られしにぞありける。
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
世が世なら竹屋三位卿も、九重歌会王廟政治に参じる身分、まさか、見張番まで勤めるのでもあるまいが、朝廷の御衰微今より甚しきはなく
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ところが江戸時代になると、徳川氏政治方針がさうであり、またつてたゝめか、學問んになつてました。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
つまり私に徳川幕府の細作になれと云われるのでした。当代の政治順服わぬ徒輩を一気に殲滅す下拵えを私にせよというのでした。
正雪の遺書 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)