“居宅”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きょたく60.0%
うち20.0%
やしき20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“居宅”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
業務の都合からいえば、今までの居宅きょたく寝起ねおきする方が、二へだたった私の家に移るより遥かに便利だといって笑いました。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
即ち今の居宅きょたくである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
最後に和尚は、早くあごの下へひげを生やして、地面を買って居宅うちを御建てなさいと勧めた。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
けれども顋の下の髯と、地面居宅やしきとはどんな関係があるか知りたかったので、それだけちょっと聞き返して見た。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ただあごひげに至ってはその時から今日こんにちに至るまで、寧日ねいじつなくり続けに剃っているから、地面と居宅やしきがはたして髯と共にわが手にるかどうかいまだに判然はんぜんせずにいた。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)